This website uses cookies. By using riwospine.com you agree to the use of cookies.

プロダクト

RIWOspineおよびRichard Wolfは、低侵襲手術と疼痛治療のための革新的な方法や製品の開発を目指し、世界中の医師や病院と協力してきました。

細緻な手術を可能にする4Kカメラシステムや

RF手術装置、TipControlインスツルメントや灌流システムなどの最新かつ革新的な技術により、脊椎内視鏡手術や疼痛治療をサポートします。

RIWOspine製品は、品質、安全性、外科手術のための最高基準を提供します。

脊椎内視鏡手術

新しい手術アクセスルートと技術開発の組み合わせにより、優れた視野による完全な脊椎内視鏡手術が可能になりました。適切な適応基準を取ることで、低侵襲処置、合併症の低減、経済的効果等の利点を得ることができます。主な適応症は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、およびインプラント挿入などの椎間板内処置となります。

詳しくは

Imaging

脊椎内視鏡手術における新しい画像品質を提供します。 Richard Wolfのカメラシステムは、小さく細かい組織構造まで明確に識別し、区別します。

詳しくは

バー/シェーバーシステム

滅菌された再使用可能なバリは、あらゆる用途やあらゆる手術ニーズに対応しています。 いくつかの革新的なバリとシェーバーが、多くのVERTEBRIS計測器セットの不可欠な部品として特別に開発されました。

詳しくは

ORインテグレーション

core nova 手術室統合の全く新しい技術プラットフォームの革新とビジョンの成果です。 これは、強力で安全なネットワーク技術に基づく一貫したシステム実装を表しています。

詳しくは

 

再処理

きれいな滅菌器具は、衛生管理にとって重要な要件です。 全身内視鏡ソリューションにさらなる価値を加えるために、さまざまなアクセサリと再処理トレイが利用できます。

詳しくは

Questions? We are ready to help!
RIWOspine GmbH