This website uses cookies. By using riwospine.com you agree to the use of cookies.

痛みを取り除く

VERTEBRIS denervationシステムは、内視鏡下で椎間関節および仙腸関節の除圧を行うための、Radioblator RF 4Mhzと組み合わせ、効果的なシステムソリューションを提供します。

このシステムは、内視鏡下で用いられ、患部に的確に高周波エネルギーを照射することにより、治療を行います。後枝の内側および外側枝は、内視鏡下で除圧することで、安全に切除・凝固されます。

 

椎間関節神経除圧術

椎間関節は、神経線維の密なネットワークに囲まれています。これらは、関節症の一部として生じる炎症プロセスによって刺激されます。また、不安定性の結果として直接的に刺激される場合もあります。

Primary symptoms are therefore back pain or neck pain without significant radiating pain and without neurological deficits. The pain is conducted along the medial branches of the dorsal ramus of the spinal nerve. The objective of endoscopic denervation is to  selectively transect these nerve fibers in order to permanently interrupt the conduction of pain.

The denervation procedure starts with a needle targeting the transverse process under fluoroscopy.  A dilator and working sleeve are inserted, and a shorter spine endoscope is used to visualize the path of the medial branch of the dorsal ramus.  Rongeurs and a  TipControl RF electrode are used to cut and coagulate the medial branch under endoscopic visualization.  This is repeated at as many levels as is required for sufficient pain relief.     

仙腸関節Denervation

椎間関節のほかに仙腸関節は、しばしば背部痛の発生源になります。痛みの発生メカニズムは椎間関節症と似ています。 仙腸関節症は、脊椎固定後にしばしば発生します。仙腸関節がより大きな負荷を受けることで、関節における神経の炎症性の刺激につながります。

A technique similar to the facet joint denervation can be used, except the targeted branches of the dorsal rami are at the S1-S3 levels where they exit the sacrum.  The same instruments are used as for the facet denervation.

治療コンセプト

動作周波数が4MHzのRadioblator RF4に 屈曲するTipControl RF電極を組み合わせることで、効果的に組織内の高周波アプリケーションが行えます。

 

More Information

[Translate to Japanisch:] Education

RIWOspineの教育プログラムは、脊椎内視鏡手術や経皮的脊椎インターベンショナル疼痛治療の学習機会を提供します。

これらの革新的な手術手技を導入するためにさまざまなモジュールで構成された、包括的なトレーニングコンセプトです。

More information

Questions? We are ready to help!
RIWOspine Japan